■おすすめ 上映映画紹介(2017年5月)
 
追 憶
★5月6日(土)公開★
 
 
親に捨てられた13歳の少年・四方篤は、似た境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶を営む仁科涼子と山形光男のもとで家族のように暮らしていた。しかしある事件をきっかけに幸せな日々は終わりを迎え、彼らは離れ離れになってしまう。

監督:降旗康男
出演:岡田准一 小栗旬 ほか

公式サイト
メッセージ
★5月19日(金)公開★
 
突如として地球上に降り立った巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズは、謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなり、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていくのだが……。

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All Rights Reserved.
(C)2016 Xenolinguistics, LLC. All Rights Reserved.

公式サイト
家族はつらいよ 2
★5月27日(土)公開★
 
熟年離婚をめぐって大騒動を繰り広げる家族の姿を描いた、山田洋次監督による喜劇映画「家族はつらいよ」の続編。橋爪功、吉行和子、妻夫木聡、蒼井優ら前作のキャストが再結集し、前作から数年後の平田家で巻き起こる新たな騒動が描かれる。

(C)2017「家族はつらいよ2」製作委員会

公式サイト
ちょっと今から仕事やめてくる
★5月27日(土)公開★
 
仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い電車に跳ねられそうになったところを、ある青年に助けられる。幼なじみのヤマモトと名乗るその青年に全く見覚えのない隆だったが、ヤマモトとの交流を通して徐々に明るさを取り戻し、仕事も順調に進むようになっていく。

(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

公式サイト
 ■上映作品
2017年5月20日現在 
 
5月20日(土) 公開
5月20日(土) 公開
5月20日(土) 公開
5月19日(金) 公開
5月13日(土) 公開
5月12日(金) 公開
追 憶
5月6日(土) 公開
5月3日(水) 公開
4月29日(土) 公開
4月29日(土) 公開
4月28日(金) 公開
4月28日(金) 公開
4月22日(土) 公開
4月21日(金) 公開
4月15日(土) 公開
4月15日(土) 公開
3月24日(金) 公開
3月18日(土) 公開
3月17日(金) 公開
3月4日(土) 公開
3月10日(金) 公開
上映作品の変更がある場合がございます。下記の「USシネマ木更津」ホームページでご確認ください。

4DX(R)って何?
4DX(R)とは、今までになかった五感を刺激する体感型エンタテイメントシアターです。スクリーン上のアクションと連動し、前後上下左右に動くモーションシートや、風や霧やフラッシュ、さらには水しぶきが飛んでくる、香りがするなどの環境効果があります。これらの効果・演出により、4DX(R)は、映画の中の主人公が感じている感覚を体感させてくれます。



◆モーション
座席が前後上下左右に動き、さらにはバイブレーションも!映画と連動して、まるで映画の中にいるような気持ちにさせます。
◆水(ミスト)
水しぶきが飛びます。ON/OFFスイッチにより水効果を好みによって調整可能!
◆雨
劇中の雨などを表現します。
◆風
場内の強力なファンから風をおこし、まるで嵐の中にいるかのように!
◆香り
場面に連動したさまざまな香りが場内に充満し、観客をさらに引き込みます。
◆フラッシュ
場内に設置されたフラッシュが強烈な光を発し、目の前で雷が落ちたかのように!
◆バブル
リアルな泡が降り注ぎ、幻想的な世界に引き込みます。
◆煙
煙や霧が発生し、まるで目の前で火災や爆発が起こったかのように!
◆エアー
頬をかすめる銃弾を背面からの強力なエアーで表現!顔や耳、頬に感じられる強力なエアー効果が椅子の前後から!

※通常鑑賞料金+¥1,000となります。窓口で差額をお支払いいただきます。
※3D作品の場合は、「3D鑑賞料金+4DX料金+3Dメガネ料金(メガネタイプorクリップタイプ)」となります。
※各種サービスデー時は、「サービスデー料金+¥1,000」となります。
※ムビチケは、窓口でのご利用に限られます。(窓口で差額をお支払いいただきます)
※身長100cm未満の方、妊娠中の方、ご高齢の方、心臓・背中・腰・首などに障害のある方、特別な疾病のある方、乗り物酔いしやすい方、その他体調に不安のある方などは、4DX?をご利用いただけません。また、10歳以下のお子様は保護者の方と一緒にご鑑賞ください。
※4DX劇場内へ飲食物を持ち込む場合はご注意ください。飲食物がこぼれて衣類が汚れたり、温かい飲食物によるやけどなどが起こった場合、責任は取りかねますのでご了承下さい。
※上映中、水が出る演出などがあり、顔や衣類にかかる場合がありますがご了承下さい。

DOLBY ATMOSとは?
パワフルでドラマチックな新しいシネマサウンドのリスニング体験を提供
映画館内で音を移動させることにより、「動き」の効果を創出
ストーリーに完全に一致した、現実さながらの自然な音響を再現
これまで以上にきわめてリアルな効果を実現するため、オーバーヘッドスピーカーを追加
どのようなシステム・セットアップの映画館でも、製作者の本来の意図を表現可能
すべてのシーンで、よりリアルに、より大きなインパクトを伝えるため、最大64chの出力が可能

◆全方位サラウンド音響システム
現実に限りなく近い音の世界が、全方位から包み込みます。天井に設置されたスピーカーにより高さを含む3次元的な表現が可能で、方位性のある音や、環境音(騒音や背景音)の再現は圧倒的なクオリティです。
◆迫力の高輝度シルバースクリーン
左右の壁から壁まで、極限まで張り込んだ巨大スクリーン。すべての席から見やすいように、映像が観客を包み込むように、湾曲したシルバースクリーンが、迫力いっぱいの映像とハイクオリティを実現しています。
◆60コマ/1秒間の高速映写システム
HFR(ハイフレームレート)を搭載。通常24コマ/1秒間に対し、1秒間に60コマの画像を映写できるシステム。ちらつきが軽減され、映像の動きがより滑らかになります。
◆フルハイビジョンの4倍の画素数
フルハイビジョンの4倍の画素数で映写することにより高精細で美しい映像を楽しむことができます。